RMT-SKY|RMT(リアルマネートレード)業界通貨最安値専門店

【最大在庫】【最安価格】【最速取引】
取扱いゲーム

Fate/Grand Order とは

『Fate/Grand Order』(フェイト・グランドオーダー)は、ゲームブランドTYPE-MOONによるゲーム作品『Fate/stay night』を元として製作されているスマートフォン専用ロールプレイングゲーム。略称は「Fate/GO」もしくは「FGO」。


Fate/Grand Order 概要

本来「Fateオンラインプロジェクト」としてオンラインゲームとなる予定であった作品『Fate/Apocrypha』のリベンジ及びリブートとして製作されたFateシリーズのスマートフォン専用RPG2014727日に品川インターシティホールで開催された「Fate Project 最新情報発表会」にて初めて製作が発表された。

Fate/Apocrypha』のオンラインプロジェクトはPCでプレイするPvPのオンラインゲーム企画として、セガの『三国志大戦』のように多くの作家にサーヴァントを描いてもらう予定であった。その後、一部デザインは実際に公開されたが、最終的に企画はお蔵入りとなる。しかし、とあるきっかけでFateのオンラインゲームを作ろうという話となり、さらに、奈須が脚本監修として参加していたTVアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』の放送に合わせて新しいソーシャルゲームをFateで挑戦させてほしいとアニプレックス代表兼プロデューサーの岩上敦宏から提案されたことがきっかけとなり、当時の設定を使いながらも2015年に合ったオンラインゲームを作ろうと企画が再始動した[5]。その為、「Fate Online Project REBOOT」という標語が掲げられている[6]

2004年の発売以降数多くのメディアミックスやスピンアウト展開を広げてきたゲーム作品『Fate/stay night』をはじめ、『Fate/Zero』・『Fate/EXTRA』・『Fate/Apocrypha』・『Fate/Prototype』といったFateシリーズから多数のキャラクターが登場するほか、本作オリジナルのキャラクターも多数登場する。プレイヤーは複数の英霊を「サーヴァント」として使役する「マスター」となり、人類史を守るため7つの「聖杯探索」(グランドオーダー)に身を投じる。

開発・運営のディライトワークスは本作が初の本格的事業となる。また、本作はセガの『チェインクロニクル』を参考に制作されている[7]。製作にはこれまでのFateシリーズを手掛けてきたシナリオライター・奈須きのことイラストレーター・武内崇を基幹に、これまでTYPE-MOON作品に携わってきた作家や、アンソロジー作家、企業などが多数参画している[7]

20141228より事前登録を開始。シナリオ展開・サービス運営は2015731より開始した[8][7]Android版、iOS版が同時にサービス開始予定だったが、Appleの審査が通過できず、配信予定日にはAndroid版のみが配信された。同年84日、「Google Play ランキング」4位となるが[9]、同時に長時間に渡るメンテナンスによりプレイが行えない状況となる。その後、同日1815分にメンテナンス終了までアプリを「Google Play Store」から一時的に削除(非公開)していたことが公式twitterで事後発表された[9][10]

最終的に同年8611時に配信を再開、断続的なスタートとなった[11]。同年812iOS版の配信を開始[12]

当初の企画では、本作とTVアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』、ゲーム『リメイク版月姫』の3作品がシンクロするようにシナリオが執筆されていおり、『UBW』第2シーズンと『Fate/Grand Order』第1部のクライマックス、『リメイク版月姫』でのとある言及が同時に進行する予定であった。が、『FGO』と『リメイク版月姫』の配信及び販売が当初の予定より延期したため実現することはなかった。しかし、『UBW』第2シーズンでのセリフや『FGO』第1部のシナリオにその名残が残っているほか、『UBW』第1シーズンBDBOXの特典小説『Garden of Avalon』にも『FGO』第1部の伏線が名残として残っている[13]

2016年12月にメインシナリオ終章が配信され、ストーリー第1部が完結した。20172月から11月にかけては、1部と2部をつなぐストーリー第1.5部「Epic of Remnant」が展開され[14][15]20171226から31日にかけて第2部プロローグ「序/2017年12月26日」、「序/2017年12月31日」が配信、2018年4月4日より第2部のメインシナリオとなる「Cosmos in the Lostbelt」の配信が開始された[16]。同時に第1部に副題「Observer on Timeless Temple」が明記される。