RMT-SKY|RMT(リアルマネートレード)業界通貨最安値専門店

取扱いゲーム

はじめしゃちょーさんはダークナイト一筋。「メイプルストーリーM」のオフラインイベント“メイプル同窓会”の模様をレポート

<以下,配信元の紹介文をそのまま掲載しています>

 ネクソンは2019年5月11日,現在サービス中のスマホアプリメイプルストーリーMiOS / Android。以下,メイプルM)のオフラインイベント「はじめしゃちょーpresents メイプル同窓会」を,東京都内で開催した。





 本イベントは,過去に
PCオンラインゲーム
「メイプルストーリー」(以下,PC版)をプレイしていたという,YouTuberのはじめしゃちょーさんをゲストに,みんなで一緒に思い出話に花を咲かせたり,ミニゲームで盛り上がったりしよう,といった趣旨で行われたものだ。

 大きな拍手を受けてステージに登壇したはじめしゃちょーさんは,最初にPC版に関する思い出を語ってくれた。それははじめしゃちょーさんが小学生のときのこと。先輩がPC版をプレイしている姿を見て,「これはすごい」と思って始めたはいいが,当時はうまくプレイできず,「キノコを倒すのが精一杯」だったのだとか。また,PCは家族で共有していたため,21時以降は使わせてもらえなかったとのことだ。

YouTuberのはじめしゃちょーさん

004.jpg


 はじめしゃちょーさんが愛用する職業は「ダークナイト」で,PC版でもメイプルMでもダークナイト一筋で遊んでいるとのこと。黒いオーラをまとった禍々しさを見せつつ,アバターの顔をあえて笑顔にすることで不穏な雰囲気を醸し出す……そういったキャラクター性で楽しんでいるそうだ。
 また,メイプルシリーズの登場キャラクターのなかでは「イエティ」がお気に入りだという。“UMA(未確認動物)”として一般的にイメージされる狂暴そうな姿とは違い,ゲーム内では可愛らしい姿を見せてくれる,そのギャップがいいとのことだ。
 ちなみにメイプルMでは,はじめしゃちょーさんをモチーフにしたコラボアバターが無料配布されたが,一般のプレイヤーに先駆けてアバターを入手したとき,白衣姿の目立ちっぷりに恥ずかしさを感じて,思わずキャラクターに紙袋を被らせてしまったという。

 そんなトークの途中,サプライズゲストとしてYouTuberのゆきりぬさんが登場し,会場はいっそう華やかになった。

YouTuberのゆきりぬさん

005.jpg


 ゆきりぬさんはメイプルストーリーMのプレイヤーで,秋葉原で行われたリアルイベントなどにもプライベートで参加していたのだという。そしてゆきりぬさんが選んだ職業は,偶然にもはじめしゃちょーさんと同じダークナイトであり,2人して「(ダークナイトの)攻撃が中二病テイストでカッコいい」と意気投合していた。

会場内に設置されたフォトスポット。ゲーム内で無料配布されたコラボアバターがモチーフだ

006.jpg


 イベント中盤には,はじめしゃちょーさんと来場者が協力して「選抜エリートダンジョン」に挑戦するコーナーが設けられた。はじめしゃちょーさんが声を出してメンバーを牽引し,槍を振り回して前線で奮闘。途中,井戸に落ちて1人ぼっちになってしまうハプニングもあったが,来場者たちの協力もあって見事にエリートダンジョンをクリアしていた。

007.jpg


 続けて,クイズ大会やプレゼント抽選会などのコーナーも実施された。普段はモニター越しにしか見ることができないはじめしゃちょーさんが目の前にいるとあって,当初は緊張した面持ちの来場者も見られたが,はじめしゃちょーさんの人柄もあってか,終始笑顔のたえない会場になっていったのが印象的だ。



 最後は,はじめしゃちょーさんが「みなさんのメイプル愛が伝わりました。これからレベル120を目指して頑張ります。今日はありがとうございました」と,今後もメイプルMを継続して楽しんでいく旨を語り,イベントはお開きとなった。

 普段はソロでプレイしているというはじめしゃちょーさんだが,エリートダンジョンのプレイ中,「仲間と遊ぶのは面白いですね」と口にする場面があった。もしかしたら,今回の場がゲームをみんなと楽しむようになるきっかけになるのかもしれない。などと,メイプルMの今後の広がりも感じさせてくれる同窓会であった。